×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

10分で学ぶカルカロドントサウルス

カルカロドントサウルス化石のことなら化石セブン

ティラノサウルスの地位を脅かすカルカロドントサウルスとは?

カルカロドントサウルスは古生物学者ポール・セレノにより、1996年に発見されました。カルカロドントサウルスが発見されるまでは、最強の恐竜は、T−rexで決まりでしたが、カルカロドントサウルスの発見によって、その地位が揺るぎ始めました。

事実、発見された頭部から推測されるには、カルカロドントサウルスはT−rexよりも大きく、全長15m近くまで成長し、体重は7tにも及びました。

画像「カルカロドントサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

カルカロドントサウルスの別名はアフリカンのティーレックス

この驚くべきサイズにより、カルカロドントサウルスはアフリカのティラノサウルスの意味で、アフリカンT-rexの別名があります。仮に、カルカロドントサウルスのほうがT−rexより先に発見されていれば、T−rexこそが、アメリカンカルカロドントとでも呼ばれていたのでしょうか。

科学者らの研究によれば、少なくとも時速30kmで走り、アフリカの大地の覇権を完全に手中に収めていたと考えられています。

カルカロドントサウルスの名前の由来

まさにこの鋭い歯が現生のホオジロザメ(カルカロドン)に酷似していたことから、ホオジロザメのようなトカゲという意味で付けられました。

像「カルカロドントサウルス」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』。URL:http://ja.wikipedia.org

カルカロドントサウルスの歯は切れ味鋭い

カルカロドントサウルスの歯は特徴的で、断面が平面状かつ、薄めであり、逆に幅が非常に広いため、骨を砕いて捕食すると言うよりは、骨から肉をそぎとっていたとされる。日本刀の切れ味ごとく肉を切り落とし、優雅にハントしていたのかもしれません。

カルカロドントサウルスの前肢は強靭

T−rexは巨大な脚に対して、ひ弱な前肢が有名ですが、カルカロドントサウルスの前肢は、それとは異なり、かなり頑丈であったとされる。前肢を使って、相手の動きを止め、鋭い歯でとどめを刺していたのでしょう。

恐竜は化石seven恐竜に会える日本の博物館マップ化石の業者様ティラノサウルスの化石についてティラノサウルスのプラモデル販売t-rexの全貌解明ティラノサウルスの歯の特徴tyrannosaurusに関するクイズティラノサウルスの3大全身骨格10分で学ぶトリケラトプス10分で学ぶカルカロドントサウルス10分で学ぶスピノサウルス魚竜化石について | | 画像結合ソフト jpg 連結 フリー